薬剤師の就職先はどんなとこ?

薬剤師の主な就職先・職種は薬局をはじめ病院、診療所、製薬会社、ドラッグストアの他、保健所、薬学部教員(薬科大学及び薬学部を有する大学に所属)、麻薬取締官(厚生労働省本省及び地方厚生局に所属)、科学捜査研究所などが挙げられます。

 

薬剤師は売り手市場ということもあり、今大変人気の職業です。人材不足をうけて転職サービスも広がっています。アイデムエキスパートが一番の有名どころでしょうか。看護師ならナースライフに相当するサイトと言えます。

 

薬剤師が必須となる職場は処方箋による調剤を行う薬局のみならず、調剤を行わず一般用医薬品のみを販売する店舗販売の薬店などがあります。ドラッグストアは後者にあたります。

 

病院や診療所に所属する薬剤師は俗に病院薬剤師と呼ばれ、処方箋による調剤の他、医師との連携の中で薬剤師の立場から情報交換を行います。病院薬剤師は業務の性格上、医療の補助という立場を担うため、看護師と同じくコ・メディカルのひとつと言えます。

 

製薬会社における薬剤師の業務には、薬品の研究・開発・製造・販売の他、MRなどがあります。MR(Medical Representative)は医療従事者を訪ね、医薬品の有効性や安全性等に関する情報の提供及び収集を行います。

 

薬剤師が取り扱う(研究・開発・製造・販売する)薬品は医療用医薬品、一般用医薬品に留まりません。その他各種殺虫剤、薬用化粧品といった医薬部外品も取り扱うことがあります。

 

薬剤師は各種殺虫剤、薬用化粧品といった医薬部外品も取り扱うため、薬剤師が製薬業務に従事する場は医薬品製薬会社に留まりません。殺虫剤会社(広義では製薬会社だが)や化粧品会社で製薬業務に従事する薬剤師もいます。